「元祖ファクトリー」。Berryz工房が永遠に不滅である限り、ベリヲタも不滅なのです。

2015年3月3日。ハロー!プロジェクト内のグループ、Berryz工房(ベリーズこうぼう)は「活動停止」をしました。解散ではありません。活動停止です。今も個々で活動するメンバーのことを紹介するときに「Berryz工房元メンバー」と書かれている記事は一瞬で閉じます。

 

私も含め過激なオタクを抱えていたBerryz工房が活動停止した2015年。Berryz工房の精神を継承する「こぶしファクトリー」「つばきファクトリー」というグループがハロープロジェクト内から生まれました。2つのグループが出来たことから、Berryz工房と℃-uteのようにしたかった?などいろいろありますが、ここを詳しく書くと進まないのでさらっとだけにしますね。

 

じゃあちゃんと元祖ファクトリーであるBerryz工房のこともきちんと知られるべきだ!という気持ちを込めて、おすすめ曲と一緒にちょろっと書いていきます。

 

 

[adchord]

 

 

Berryz工房の中でも絶対に聞かなきゃいけない3曲

 

https://ameblo.jp/shimizu–saki/archive6-201503.html

 

Love together!

 

 

 

 

「最後の私たちの姿。しっかり目に焼き付けてください。」

 

Berryz工房の最年長でキャプテン、清水佐紀が武道館で行われたラストコンサートのダブルアンコール前。Berryz工房として最後に歌う曲になる「Love together!」の前に全Berryz工房ファンへ送られた言葉です。

 

この言葉を受けて、ピアノ伴奏のLove together!は始まりました。始まってしまったということはもう終わるだけ。時間は戻らない。これもキャプテンの言葉。

 

このときから時間は戻らない、というのが私の中で結構大きな割合を占める考え方になりました。時間は戻らないからオタクをすること以外にも後悔しない毎日を過ごそうって。キャプテンはBerryz工房メンバーのキャプテンだったけど、オタクにとってもキャプテンだったんです。

 

 

バラードで普通はコール入れないだろって曲です。ピアノ伴奏だったし。最初はちょろちょろ名前をコールするオタクもいたのですが「空気読めよ」みたいな雰囲気にもなって、この雰囲気で終わったら消化不良だなあとまで思いました。

 

でも、途中、菅谷梨沙子の声が掠れ始めて歌えなくなってしまったんです。パートが来るたびに掠れてしまう声。今までコールをためらって空気を読めよと思ってたオタクたち全員が同時に「梨沙子!!!!」ってコールをしたんです。

 

頑張れ…頑張れ…って思ってたオタクたちが心でとどめることが出来なくなって叫んだ「梨沙子」。最後に自然発生した大合唱。一生忘れないです。忘れられないし忘れたくないです。絶対忘れません。

 

好きよ好き。大好き。また会えるよね。って最後に歌った桃子と一番最初に会えなくなるのは何なんでしょうね。武道館ラストのシルエットでも、桃子はまだアイドルを続けるから…みたいな意味を持たせておいて一番最初にいなくなっちゃうなんて。

 

 

好きにさせといて急にいなくならないで問題です…。

 

 

あなたなしでは生きてゆけない

 

 

2015年3月3日に活動停止をした彼女たちは、2004年3月3日にデビューシングルを発売しました。11年という長い間アイドルであることに人生を捧げてくれたのです。

 

「ハロー!プロジェクトキッズオーディション」という小学生限定のオーディションが開催されました。モーニング娘。や松浦亜弥に憧れた小学生3万人が応募したと言われています。その中から選ばれた15人がハロー!プロジェクトキッズ。Berryz工房と℃-uteの前身です。

 

応募者3万人の中から選ばれた奇跡の15人。またその15人の中から選ばれた8人の小学生のデビューシングルが「あなたなしでは生きてゆけない」です。

 

一度や二度キスしたくらいで浮かれている自分が怖いって小学生に歌わせるつんく♂さん強すぎません??「初恋を最後の恋として一生あなたのこと愛したい」ってさ、マセた子供なら初めての恋人がいるくらい年代なのかな。そんな女の子ならこうやって思うのかな。つんく♂さんマジ女児。

 

「あなた=音楽」という解釈で聞いてみて、とつんく♂さんの言葉もあります。ぜひに。

 

Bye Bye またね

 

 

 

2005年秋10月2日。石村舞波が卒業しました。Berryz工房にとって最初で最後の卒業です。この年でこのクオリティの生歌を歌えるのがまずすごいし、泣いちゃってる姿がヤバい涙腺に来る。舞波が笑っていなくなってしまうのも涙腺が死ぬ。

 

ByeByeまたね、は活動停止ラストコンサートでも歌われました。小学生のときから歌い続けてきた数ある中の1曲です。そしてBerryz工房としてターニングポイントになった曲。

 

この曲なしでは生きてゆけない、というくらいベリヲタにとっても思い入れのある一曲。歌詞読むだけで泣けるって言ったらマジで言葉が薄っぺらいんだけど本当に涙目になるんだよ分かって?

 

「ByeBye私のあなたとの贅沢な時間」という歌詞はベリオタの中にずっと根付いているでしょう。推しと一緒に過ごせる大切な贅沢な時間。

 

つんく♂さんはきっと、誰かが誰かを想う時間を大切に思ってます。

 

  • 「今日という素敵な時間 あなたとの贅沢な時間」
  • 「一緒にいた素敵な空間 最高に幸せな時間」

 

アイドルとオタクのコンサートの時間っていうだけなのに、1対1の人間同士のことだと思わせてくれるというか。誰かにとってはあなたとの時間はこう思われているんだよって言ってくれているような。そんな歌詞が本当にすごく好きだし、彼女たちをずっと見てきたつんく♂さんだからこそ書ける歌詞です。

 

 

今では全体プロデューサーではなくなってしまって、全グループ全曲を担当ではなく各所各所で提供をしてくれているのですが、一番好きになる曲って大抵つんく♂さんが作った曲だったりします。

 

最近ではJuice=Juiceというグループに「SEXY SEXY」という曲を提供しました。元々5人だったJJに新メンバーが2人追加されて初めてのCDリリース。そして追加メンバーである「段原瑠々」にとってのデビューシングルという大事な節目の曲をつんく♂さんが書いてくれたのがとてもうれしいです。

 

 

 

Berryz工房の聞くべき7曲

[adchord]

スッペシャルジェネレ~ション

 

 

ラストコンサート、みんな「ス!!!!!」って言えました?私は言えました!!あの縦フォーメーションはドキドキとワクワクの起爆装置ですね。最後になるスッペの「ス」が言えないと一生引きずると思っていたので、ものすごく気合の入っていた曲です。

 

ス!!!

 

恋の呪縛

 

 

「私はあの人が好きなの」と、友達に相談なんて小学生中学生特有の出来事ですよね。そして小学生女児はみんなが好きな男の子を好きになる。「告白なんてしないでよ。友達が君のこと好きだと知ってるのよ私」と三角関係突入。ほんとつんく♂さんマジ女児。

 

一丁目ロック!

 

 

 

Berryz工房のライブでは定番必須の盛り上がりソング。人生ハッピー!仲間がいて楽しい!一丁目の路地抜けて大騒ぎ!こんな私に気づいて!っていう意味なさそうだけど「ほんとそれな」ってオタクがなる曲。

 

コンサートに友達と入ってお祭り騒ぎ、私ここにいるよ推しレスくれー!みたいなさ。実際はめっちゃ「ウォウウォウウォウ~~~」って歌わされるのでそんなこと考える暇はないのですが。とにかく、お祭り騒ぎのBerryz工房を象徴する1曲です。

 

cha cha SING

 

 

ベリーズ王国の国歌ですね。全員踊れます。そしてこの曲もライブ定番の盛り上げソング。活動停止までつんく♂さんの作った曲しかリリースをしていませんが、「cha cha SING」とカップリングの「Loving you Too much」だけはタイの歌手トンチャイ・メーキンタイさんのカバー曲です。マジタイって感じでひょうきんでお祭りでなんかもうBerryz工房!!という曲。

 

踊るアホだけどただのバカじゃないってBerryz工房とベリオタの合言葉です。全体的にIQが低いアイドルにIQが低いオタクがたくさんついたっていうのは否めないけど、踊るアホだけどただのバカじゃない!!って胸張って言えるようになりました。(各方面に失礼)

 

タイに愛されたBerryz工房この記事もぜひ。

 

アジアンセレブレイション

 

 

「はーい皆さんお元気?ようこそいらっしゃいました!さあそれでははじまるよ!Let’s have a good time!」とDJ夏焼雅の愉快なお出迎え。これからどんな楽しい時間になるんだ?!とワクワクさせてくれます。

 

踊っちまうぜ世界中でディスコ!ディスコ!

 

普通、アイドル10年やってらんないでしょ

 

 

 

 

2014年8月2日。無期限の活動停止を中野サンプラザで発表しました。アイドルにはいつか終わりが来るとわかっていたものの、お母さんになってもおばあちゃんになってもBerryz工房を続けたいと言ってくれていたので安心していたのも事実。

 

この日がなければよかったのにね。

 

この曲はアイドル全員聞いた方がいいと思います。名刺を作れば即アイドルになれるこの世の中だけど、10年以上青春捧げて土日もなんもなくて辞めたくて泣いた夜もあるしママになった友達もいる。だけど、プロとしてやってきたアイドルなめんなっていう曲。

 

Berryz工房だけが歌える曲です。その辺の地下アイドルが軽々しくカバーしてたらクレーマーおばさんになりたい。(ならない)

 

永久の歌

 

 

 

Berryz工房ラストシングル。永久の歌。

 

ぜひつんく♂さんがBerryzについて語ったブログも読んでください。歌詞の1つ1つがベリで、ああやっぱりつんく♂さんだなあっていう一曲。特に、「無い知恵なりに考えてたんだよ」というパートをえんぴつを植木鉢で育てようとした夏焼雅さんに歌わせたのは流石すぎた。

 

Berryz工房は全アイドルの憧れになるような王道のアイドルではなかったけど、そんなところが好きでした。

 

https://ameblo.jp/shimizu–saki/entry-11739801883.html

 

https://ameblo.jp/shimizu–saki/entry-11713380204.html

 

 

髪の毛いかついし、なんかめっちゃデカいのいるし、ももち結びとかいるし、威圧感やべーし、真面目にアホやるアホばっかりで。アイドルアイドルしたアイドルではなかったです。悪役が似合うような個性の固まりでした個性あふれるっていう言葉一つで片付けたくはないんだけど、「一番普通」が個性になるくらいの個性派集団でした。

 

みんな同じ振り付けを踊っていてもみんなバラバラででも決めるところはキチっと決めてきたり。練習しているところ、努力しているところを見せないプロ意識も高くて。

それに声の魅力がありました。低音の菅谷梨沙子。高音の夏焼雅。テクニックの嗣永桃子。メロディー工場の須藤茉麻。太めの熊井友理奈。まっすぐな徳永千奈美。甘めの清水佐紀。ものすごく上手い、と言えるのは3人ほどしかいません。それでもバラバラの7人だからこそ出る音の厚み。バランスの良し悪し。音源でも聞き取れる1人1人の声。

 

こんなパフォーマンスがかっこいいのに総じて全員がアホっていうとんでもねー人たちなんです。ギャップの神に愛されまくってました。どこが好きかって聞かれても困るくらいたっくさんあるんです。Berryz工房が解散ではなく活動停止なおかげでずっと待っていられるのがうれしいです。(浮気はしまくっていますが)

 

またいつか、ベリーズ行くべ!って叫べる日が来ることを信じて。