「大声新規」でした。2018年の今、エモくなるAKB48の曲を簡単に紹介します。

自分がどの段階からグループのオタクになったか、と自己紹介するときに使われる「〇〇新規」。私は2010年に発売された「大声ダイヤモンド」をきっかけに篠田麻里子のオタクをはじめた「大声新規の篠田麻里子推し」でした。

 

相次ぐスキャンダル、推しの卒業、神7の崩落、世代交代についていけなかった結果、2014年に発売された「心のプラカード」あたりで情報を追うのをやめ、CDを買うのをやめ、たまーに入ってくる良いと思った曲だけを聞いています。

 

そんな大声新規の私が今聞いて「いやっこれっエモ!!!」となる楽曲を紹介していきます。劇場曲とかシングルカットとか知名度とかいろいろありますが、ただただ「エモさ」を追求してみようと思います。

 

 

[adchord]

 

 

 

「大声新規」のオタクが2018年の今、エモくなるAKB48の曲を振り返る

 

村上隆がジャケットデザインを手がけた【涙サプライズ】

 


涙サプライズ!

 

お誕生日に歌いたい歌がある。

 

そんなキャッチコピーが実は存在していました。大声新規のオタクたちが初めて「選抜総選挙」に参加するために買ったCDが「涙サプライズ」ではないでしょうか。私も推しの篠田麻里子に投票するために初めて同じCDを3枚買いました。涙サプライズの発売日は、複数買いに抵抗がなくなった日です。

 

お誕生日の歌なのに、謎に年末のカウントダウンTVで「あけましておめでとう!」と歌っていて、変なの~と思ったりしましたが、忘れられない一曲です。また、研究生から仁藤萌乃と小森美果が初選抜に選ばれました。MV撮影のときに「ちゃんと映りやすいように」と小嶋陽菜が小森に場所を変わってあげていたという話も。

 

この時期のキラッキラ感が最強だったなあと。前田敦子もピークで可愛くて、楽しそうで、まだみんな闇を抱える前だったのではないかと思えます。こう考えると選抜総選挙ってどうなんでしょうね。

 

メンバー人気第1位!【夕陽を見ているか?】

 


夕陽を見ているか?

 

初めてグループにハマったら真っ先にすること。過去の楽曲をめちゃくちゃ聞く。めちゃくちゃ見る。そのときにもう、何だこの名曲は?!と衝撃を受けたのが「夕陽を見ているか」でした。

 

大声ダイヤモンドを聞いて結構ゴリゴリなアイドルソングだなあ、と思っていたところであの曲調。歌詞。MV。ズルすぎる。こんな歌も歌えるのかと楽曲の幅広さにも驚きました。

 

とにかく河西智美が可愛かった…。

 

さわやかで切ない失恋ソング【Only today】

 


Only today

 

パーパパーパーラパパパパーと学生時代の吹奏楽部を思い返させるような音ではじまるOnly Today。こんな明るい爽やかな切ない恋愛ソングは史上最強だと思っています。

 

AメロBメロでは2,3人のユニゾンですが、サビの「いてくれればいいから」の瞬間からの女の子らしい声の厚みがもうほんとにずるい。

 

決してめちゃくちゃ上手いわけでもないんです。ただグッと来る。AKB48の良いところがこの曲全部につまってるんです。本当に最強な恋愛ソングです。

 

ほんと秋元康はいつまでも思春期。

 

今なら炎上案件?!【Dear my teacher】

 


Dear my teacher(チームA Ver.)

 

ざっくり言うと、家庭教師に初体験を教えてもらいたい女子生徒みたいな、そんな歌詞なんです。いや秋元康気持ち悪いな!って思ったりもするんですけど、良く思いつくなこんなの…と謎に感心しました。そして初めてAKB48でエロ曲を聞きました。

 

そこまでめちゃくちゃ売れた曲でもないですし、オタクなら全員知ってるけど一般知名度はあまりないから許されているというか。今の状態で発表していたら様々な方面からNGを食らいまくっていること間違いなしです

 

また、途中で板野友美(ともちん)と柏木由紀(ゆきりん)の声が強くなるところがあって、なんだかすごく生々しく感じました。

 

[adchord]

 

ゆきりんとみかちぃがオリメンです!【てもでもの涙】

 


てもでもの涙

 

チームBの初めてのオリジナル公演「パジャマドライブ」の中の1曲。みかちぃとは、AKBが人気になる前に足のケガが理由でやめてしまった四期メンバーの佐伯美香のこと。

なかなかオリジナルメンバーで披露できる機会も多くなかったこともあり神格化しています。いや神曲なんだけど。チームBといえば渡辺麻友(まゆゆ)がいたりと可愛らしいイメージがあるなかでの「てもでもの涙」

 

いやはや。神。

 

「こんなに会いたくてもこんなに好きでも目の前を通り過ぎてく」ってちょっと考えてみたら握手会のときのオタクの気持ちみたいですね。せつない。あっという間に推しは通り過ぎていきます…。

 

古参のようなことを言ってしまいますが、初期の曲が最高だったんです

 

軽蔑していた愛情、制服が邪魔をする…などの思いっきり学校がメインのちょっとダークな部分があったり、エロさを出していたり、人数がそこまで多くないからこそ出来るユニゾンであったり。

 

初期だからこその曲の良さというものがあります。

 

大声ダイヤモンドあたりから爆発的な人気が出てきて、いわゆる大衆受けする、万人受けする曲がシングルCDとしてリリースされていた中での「RIVER」「Beginner」路線も格好良かったり物議をかもすようなことをしていました。

 

 

握手会商法という諸悪の根源でもあり、今のアイドルオタクのほとんどが一回は通ったグループであり、そんな魔の魅力も溢れるAKB48楽曲の中でも「エモ」に特化してみました。

 

まだまだ足りないので、また書きたいですね。お読みいただきありがとうございました!

 

 

今回紹介した楽曲はAmazon prime会員なら無料で聞くことが出来ます!→AKB48
月額325円でビデオも音楽もやりたい放題なprime会員の登録はこちらから→初めての月は無料です!